企業におけるARの活用

新しいハイブリッド型フィールドサービスモデル。ビジュアルアシスタントの役割とは?
パンデミックは、フィールドサービスのあり方を大きく変え、業界は可能な限り効率的な方法で顧客にサービスを提供することに注力しています。一方で、65%のお客様は、厳密に必要な場合を除いて技術者の訪問を避けると報告しており、この感情がリモートサービス提供の爆発的な増加をもたらしました。その一方で、62%のお客様は、問題をこれまでと同様に迅速に解決してくれることを期待しています。その結果、新しいハイブリッド型フィールドサービスのアプローチが生まれ、セルフサービスも取り入れられるようになり、ビジュアルアシスタンスがこのモデルの中心的な役割を果たすようになります。
ARとビジュアル技術でリモートメンテナンスを強化
ARを利用した遠隔保守・修理ソリューションは、フィールドサービス企業の間で人気が高まっています。 コロナウイルスが蔓延する中での、ARを利用した企業のサポートをご紹介いたします。

放送界の喧騒。ケーブルのデジタルトランスフォーメーション
ケーブル業界は今、岐路に立たされています。もはや消費者は、ニュース、エンターテインメント、スポーツなどを、限られた時間帯に限られたチャンネルで視聴することはできません。インターネット、モバイル技術、ストリーミング・チャンネルのおかげで、消費者は好きなデバイスを使って無制限に視聴できるようになり、業界全体がケーブル・デジタル・トランスフォーメーションへと導かれています。
ARとコンピュータビジョンによるCPG(消費財)在庫管理の変革
今回はARとコンピュータービジョンによる消費財の在庫管理の効率化についてお話ししていきたいと思います。

フィールドサービスにおける知識のギャップを埋める
今日のフィールドサービスにおける第一の課題は、高齢化が進むベビーブーム世代の技術者と、経験が少なく独立性を求める次世代の技術者との間にある知識のギャップです。
リモートカスタマーサポートツールの未来はITの手の中にある
多くのIT部門が報告しているように、新しいリモートカスタマーサポートツールの成功を保証する高いレベルの導入を達成するには、機能的なトレーニングだけでは十分ではない。IT担当者は、自社のリモートカスタマーサポートツールを従業員と顧客の両方に採用してもらうために、重要な役割を担っている。ここでは、成功の鍵となる3つの要素、すなわち、従業員の労力の削減、顧客の労力の削減、リーダーシップの発揮に焦点を当ててみます。

見えれば、直せる。ビジョンが広げるカスタマーサービススタッフの役割
カスタマーサービスの世界では、技術者とエージェントの境界が曖昧になり、それぞれが従来の役割を担っているという新しい傾向が見られます。 通常は現場で働く技術者が、バックオフィスや自宅で仕事をし、従来のエージェントのように遠隔地からお客様を案内するようになりました。同様に、エージェントも、新たに得た技術的知識やスキルを駆使して、通常のスクリプト以上のことをしてお客様をサポートする権限を与えられています。エージェント、技術者、そしてお客様の間で行われるトリアージ・セッションは、当たり前のことになっています。この変化は、リモートビジュアルアシスタンスのおかげで、これからも続くでしょう。
クリスマスの後の悪夢 お客様の返品を減らす方法
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の話は聞いたことがあると思いますが、小売業者、特にコンシューマー向けのハイテク製品を扱う業者にとって、本当の恐怖はプレゼントを開けた後に始まります。ここでは、一部の企業が、拡張現実(Augmented Reality)によって、顧客の返品を減らす方法を見つけられると期待している理由をご紹介します。

トラックのロールを減らすための4つの革新的技術
トラックロールの大部分は付加価値のない活動であり、資源の非常に大きな浪費であるにもかかわらず、このような出動はサービス企業にとって日常となっています。 このブログでは、そのような現状に疑問を投げかけます。
技術者派遣のコスト削減を実現~ARビジュアルサポートソリューションの活用~
多くの企業のサポート部門では、技術者派遣のコストの最適化を課題として抱えています。実際に現場を見てみると「お客様の要請で現場に行ってみたらすぐに解決できる問題だった」、「現場に行ってみたら追加の部品やツールが必要で、もう一度行かなくてはいけなくなった」等、コストを削減できる余地はかなり残っています。 この記事ではこうした問題に対して、ビジュアルサポートソリューションがどのように解決していくのかについてご説明いたします。

さらに表示する